脊柱側弯症

 

最新の側弯症の治療(装具、運動)については、

株式会社シュロスベストプラクティスジャパンのホームページもご覧ください。

しっかりとした矯正をご希望の方にはドイツのGensingen Braceを奨励しています。

こちらは麹町白石接骨院にて作成できます。

脊柱側弯症の運動療法(シュロス法)を積極的に行っている病院の紹介もさせていただいております。

お気軽にご相談ください。

側弯症に対する当院の取り組み

『側弯症(そくわんしょう)』とは背骨が弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがある病態です。学校健診で脊椎の再検査と言われたり、本人やご両親が背骨が曲がっているのに気づいて発見されます。
思春期の側弯症は特に女子では発生率が高く5%以上ともいわれています。

 

現在、日本では側弯症における科学的根拠のある治療は経過観察、装具、手術だけであり、運動療法や手技療法は無効とされています。
しかし、経過観察の間に進行してしまい、装具治療や手術になるようなケースも少なくありません。海外では、側弯症に特化した運動療法の効果に関する医学論文が多く発表されており、運動療法にはエビデンス(科学的根拠)があると認められています。せっかく学校健診などで早期に発見した側弯症をただ放置(経過観察)するのではなく、適切な管理をすべきと考えています。当院では、世界の最新の側弯症の保存療法(手術をしない治療=運動療法や装具)、ドイツのシュロス法の最新プログラムなどを提案、紹介しております。
側弯症は、何をしても悪くなるものは悪くなると諦めずに、明るく前向きに改善を目指していくためのサポートをさせていただきます。

100年近い歴史のあるドイツのシュロス法の最新のプログラムを学び、世界最先端の側弯症エクササイズのInternational Schroth Best Practice Therapistとして ドイツのDr.Weissにより認定されています。

 

シュロスベストプラクティスの最新のプログラムはシンプルで効果的。忙しい日本の子供達にも簡単に取り入れられる世界最先端の側弯症エクササイズです。

シュロス法について

Schroth法は 1921年にドイツのカタリナ シュロスによって始められた側弯症に対する運動療法です。自身も側弯症患者であったカタリナは独自に3次元の運動療法を考案し、現在では3代目のDr.ワイズに引き継がれ、その効果は世界中で最も高く評価されています。

Schroth 法はドイツでは健康保険も適用される側弯症の治療法として確立されていますが、日本においてはまだその治療法自体がほとんど普及してないのが現状です。
当院はこの側弯症に特化したシュロス法の資格(Schroth Best Practice Therapist)を取得し、現在の整形外科では手術以外には改善することができないといわれている側弯症に対して、運動療法を行い積極的に改善していく治療に取り組んでいます。
側弯症でお悩みの方、重い装具や手術を勧められてお悩みの方はご相談ください。

必要に応じて、整形外科への紹介や装具等のご提案もさせていただきます。

 

(運動療法のトレーニングイメージ)