腰の痛み

腰の痛み

日本人において8割以上が生涯において腰痛を経験していると言われています。腰痛の治療や原因の話しは様々、ありホームページだけでは言い表せないので、ここでは急性期と慢性期に分けて説明します。詳しく聞きたい方は、患者さんの症状を評価した上で説明させていただきますのでお気軽にお越しください。

急性腰痛の代表例は、ぎっくり腰のような症状を指します。ぎっくり腰は、不用意に体を動かす動作などで腰に激痛が走ります。欧米では、ぎっくり腰を「魔女の一撃」と呼ぶこともあります。

慢性期の定義は色々ありますが、ここでは急性期が過ぎた後を慢性期として説明をします。通常ぎっくり腰は、長期間激痛が続くことはなく数週間で改善されますが、ここできちんと治さないと、例えば安静にしないといけない時期に休めず無理をしたり、逆に腰痛が改善したにもかかわらず安静にしすぎたりすると、その痛みが慢性化して慢性腰痛になるケースがあります。

それ以外にもいつから痛くなったか具体的な原因がわからない慢性腰痛もあります。これは、生活習慣で徐々に腰が悪くなっていく、あるいは加齢により腰椎や椎間板が変形してしまうなどの「小さな外力の繰り返し」が原因です。進行が遅い故に、突発的に起きた痛みとは違い、自覚症状が徐々に現れてくるのが特徴的です。

施術に関しては、症状の時期によってするべきことは異なります。

腰痛01
腰痛02
腰痛03

急性期の腰痛

症状の原因は別にして、急性期(ケガしたて)の腰痛は患部の組織がケガをした状態であるため、患部を安静にする必要があります。また、炎症を抑えるためには氷で冷やすことも有効になります。安静にする方法は、痛みの伴う動作を控えることが重要ですが、安静にできないことも多々あると思いますので、コルセットや腰の包帯固定をして患部にかかる負担を減らします。当院では、コルセットも取り扱っておりますのでご相談ください。初期にしっかりと施術を行い負担を取り除くことで、即時的に痛みが改善することもよくあります。

また多くの腰痛は手術などを必要としませんが、症状の改善が乏しいものや下肢症状や膀胱直腸障害(排尿時の異常など)は、手術の対応が必要な場合もあります。その場合は適切な病院への紹介もさせていただきますので、不安に思ったら、まずは一度お越しください。

当院では患者さんの評価をしっかり行っております。(圧痛・運動時痛・運動制限・SLR・FNS・下肢筋力・触覚異常など・・・)

慢性期の腰痛

慢性期の定義は色々ありますが、ここでは急性期が過ぎた後を慢性期として、『慢性期の腰痛』の説明をします。
 
近年、腰痛治療のガイドライン(日本整形外科学会/日本腰痛学会監修、2012)において「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」とされています。また、腰痛、特に慢性腰痛に対する運動療法は、有効な保存的治療(手術をしない方法)として強く推奨されています。

わかりにくい文章になりましたが、慢性期の治療では痛みの改善・予防のために運動療法がとても重要です。

当院では、マッサージやストレッチ、筋トレなどを行っています。特に筋緊張の強い部分には、即効性のある最新治療機器(立体動態波・ハイボルテージなど)を用いて、ピンポイントに施術します。(マッサージやストレッチでは届かない深部の筋に対してアプローチできます) また腰痛予防に関しては、痛みが起こってしまった原因を考えセルフストレッチや生活指導なども行っています。
腰痛04

予防 - ストレッチ・筋トレ

体には、『固定が必要な関節』と『動きが必要な関節』があり、それぞれが交互に位置します。その中でも腰部は固定が必要な関節であるため、腰部を守るためには体幹の筋力トレーニングが必要になります。また、腰の上下に位置する、股関節や背中が固くなってしまうと、それをカバーしようとして腰部に負担がかかり腰痛を引き起こしてしまいますので、柔軟性を改善させるためのストレッチを行います。

腰痛予防は、『体の機能的な動き』を作ることが重要です。当院では、どの部分を強化することが機能的な動きに必要か評価して腰痛予防のお手伝いをします。

腰痛05

成長期の腰痛

成長期で部活などの運動量の多く、腰痛を訴える場合は『腰椎分離症』と言われる腰の骨の疲労骨折を起こす場合があります。

この腰椎分離症の原因は、ケガの様に一回で起きるわけではなく、スポーツの練習などでの繰り返しの外力、ジャンプや腰の回旋を複数回行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って疲労骨折を起こします。分離症は10歳代で起こりますが、適切な治療をしないとそれが原因となって徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。また、スポーツを続けることができなくなる場合もあります。

腰痛06

治療の上で最も重要なことは早期に見つけて治療に取りかかることです。痛みを我慢して発見が遅れると、疲労骨折は癒合(骨がくっつかない)せず偽関節となります。分離症の治療には賛否がありますが、その患者さんの今後のスポーツ生活を考えて、どのような治療方針で進めるべきか、患者さん、また両親の方と相談の上治療をします。当院では、分離症の早期発見と、治療方法の相談をさせていただきます。

分離症の治療は、疲労骨折を起こしてしまった部分の負担を減らして骨癒合を図ります。分離症の場合は、レントゲンやMRIなどの評価も必要なため病院へも定期的に通院していただき、それ以外の日を当接骨院でリハビリをします。

分離症の治療では、コルセットをして一旦運動を制限することになりますが、その間のリハビリは筋力トレーニングやストレッチを行い再発しないようにするためのサポートをします。また、運動選手にとって運動制限はかなり辛いことだとも思いますが、そんな時期だからしかできないようなトレーニングなどをしてパフォーマンス向上やモチベーション維持のためのサポートもします。

とにかく痛みがある方は、痛みを我慢しながらスポーツを続けず、なるべく早くご相談ください。

腰痛07
腰痛08