院内紹介

治療室

木目の温かい感じと、イメージカラーのオレンジとグリーンを基調とした治療室です。3台のベッドと運動スペース、ウォーターベッドスペースがあります。

naisou_chuusin_1_180x170
mat_1_180x170
bed_1_180x170

待合室

スリッパ除菌器を完備し、清潔なスリッパをご利用いただけます。

たち接骨院 待合室
たち接骨院 スリッパ除菌

治療機器紹介

大型低周波治療器(Leia)

患部に低周波を流すことにより、痛みや疲労の原因に直接働きかけ症状を和らげると共に、リラクゼーション効果の高いモードも搭載しており筋緊張を緩和させ心地よいマッサージ効果が得られます。

04-kiki_250x214

総合刺激治療装置(ES 530)

立体動態波モード・3DMENSモード・Hi-Voltageモードなど9種類の電気刺激モードを搭載し、痛みを早期除去することができる総合電機治療機器です。患者さん一人一人の症状に合わせてオーダーメイドで治療が行えます。

05-kiki_250x214

ウォーターベッド
(アクアタイザー QZ-240)

ベッド型の最新医療用水圧式マッサージ器。水流の切り替えや、6段階の強さ設定により、柔らかなマッサージから強めのマッサージまで最適の強さが選べます。

また、ベッド自体の暖かさや、水の浮遊感などによるリラグゼーション効果も高く、日ごろのストレス解消にも効果が期待できます。

07-kiki_250x214

Dr.メドマー

空気圧によって下肢(下)全体のマッサージを行います。効果のある症状として「足のむくみ」「静脈瘤」「足の疲労」「冷え性」があり、圧によるポンプ効果で血液を心臓に返す手助けにもなります。

06-kiki_250x214

ホットパック・アイシング

症状の時期に応じて、冷やすべきか温めるべきか判断して行います。また、ホットパックは凝り固まってしまった筋肉を緩めたり、マッサージなどの治療を併用することでより一層効果が高まります。

09-towel_250x214

レッドコード

レッドコードは、「スリング」という器具を使用して行う運動療法で、もともとノルウェーで誕生し日本でも20年くらい前から取り入れられているものです。

天井から吊り下げられたロープに、頭、背中、腰、脚、腕などをひっかけ、自重を使って行う運動です。ノルウェーではスリングセラピーと呼ばれるこの理学療法の一部である運動療法は、赤ちゃんからお年寄りまで、そしてトップアスリートの強化にまで幅広く取り入れられており、オリンピック選手が使用しているケースもあるほど、幅広い方々に支持をされている器具です。このスリングセラピーは、老若男女問わず、リハビリ中の方からプロスポーツ選手まで幅広くトレーニングが可能であるため、個人メニューが組みやすく、また、色々な部位をトレーニングできるという点で、多くの可能性を秘めたトレーニング器具です。

11-redcode_250x214

redcode_250x214

red8_250x214