ギプス

こんばんは、たち接骨院の舘です。

 

最近ギプスを巻く機会が続いたので、ギプスのブログをしてみます。

 

 

皆さんは、ギプスというとどんなものを想像されますか??

imageimageimageimage

 

 

 

 

ギプスと言うと、かなり大きな固定をイメージされる方が多いかもしれません。

 

 

ギプス2

 

 

実際には、症状によって固定の範囲は決めるのでギプスと言ってもこんなに大げさにならないケースも多々あります。

 

 

 

ケガをすると、患部にはキズを治すために一定期間の安静が必要になります。

 

症状によっては、中途半端な固定では治りが遅くなったりすることもあります。

 

gipusu2gipusu3gipusu4

↑↑

これは先日巻いたギプスの一例です。

イラストのような、大きなギプスでなくても固定したい部分はしっかりと固定しているので、歩いても痛みなく歩けました!

患者さんが想像しているイメージほど大げさにはならないので、大きい靴やクロックスくらいならなんとか履けます。

 

 

ギプスは、『大ケガ』の固定ではなく巻き方や用途によって色々なので、これでギプスのイメージが代われば・・・と思います。

 

 

もちろん、全てのケガの方にギプスを巻くという話ではございません<(_ _)>

 

他にも固定に関しては、色々あるのでまた報告できたらと思います!

 

患者さんが、早くケガから復帰できるように様々なニーズに合わせて全力でサポートさせていただきます(^^)

 

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700