手、舟状骨骨折

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

(症例報告)

スノーボードで転倒して手を着いた(何回も・・)

 

徐々に痛みが強くなってきた。

 

 

強い腫れはありませんでしたが、軽度の腫脹(腫れ)があり。

舟状骨部を中心に圧痛(押さえた痛み)著明

 

 

折れていると少し厄介な『舟状骨骨折』を疑いエコー観察。

 

 

(エコー観察)

 

エコーでは、皮下組織は明らかに腫れていましたが、

骨の不整は、”やや怪しいか?”といった感じでした。

 

 

舟状骨という骨は、形が平らではなく、しかも小さいためエコーだけでは正確な判断が出来ないため、レントゲンも必要と考え、提携の病院に紹介。

 

 

 

 

 

レントゲンの結果、骨折はなし。

安静目的で固定は継続。

痛みが続けば、再度病院に通院指導。

 

 

という事になりました。

 

 

 

エコーで全てが分かるわけではないので、必要な場合は適宜病院と連携しながら施術を行っています。

 

 

 

この方は、経過で固定管理やケガを早く治すためのLIPUS(低出力パルス超音波)等で施術を継続しました。

 

 

 

 

結果的には、ケガの施術中の圧痛(押さえた痛み)が改善されず、再度病院へ受診して頂いきMRIの結果、『舟状骨骨折』が発覚しました。

 

 

症状から疑って、固定をしていて良かった・・・という症例でした。

 

 

 

続きは、次回のブログで報告します。

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700