試してガッテン

先日の『試してガッテン』の≪ねんざ最新治療方法・知らないと前距腓靭帯断裂で足首軟骨が砕けるかも!?(2015年5月13日(水)放送)≫を見たので感想文を書いてみました。

捻挫

 


 

≪内容≫

ねんざの大誤解30年後に手術も?

2〜3日安静にしていれば大抵治ってしまうねんざ。

しかし2〜3日で痛くなくなったからといって治るものではなかった。痛みが引いたあと30年後に左足首の軟骨がすり減り大手術を受けることになった人も多いという。

このような過去のねんざが原因で何十年も後に腰痛や股関節痛を起こすことがある。


 

捻挫は、関節を包む関節包や骨と骨を繋ぐ靭帯及び軟部組織(内臓・骨以外の総称)を損傷した状態を指します。

捻挫

捻挫は、骨が折れていないので軽症と考えてしまうかもしれませんが靭帯などを部分的もしくは完全に断裂した場合を『捻挫』というので、TVで放送されていた通り、場合によっては緩さや痛みが残ってしまう場合もあります。

捻挫にとって大きな問題は、痛みは治っても緩みが残ってしまうことがあるということです。

 

ただ、TVで言っていたように全ての症例がそうなるわけではなく、損傷程度が問題だと思います。

 

今回の放送を見て思う事は、極端すぎるという事(-_-)

また、ケガした時の処置があまりなかったように感じました。

 

放送を見ると全ての捻挫された方が、30年後に手術が必要という感じに見えますが、実際はそんなことはないと思いますし(TVの演出の問題??)、そんな事ないだろうと思う人も多いかと思います。

 

ただ今回の放送であった通り、痛みが治まったからOKと考えるのではなく、緩みまでちゃんと治すことは重要で、そのためには損傷程度と初期の固定をしっかりとすることが大事です!

 

 

固定は、下の写真以外にも色々あります・・・

ギプスUシェープテープサポーター

 

 

とにかく、『餅は餅屋に・・・』。

ケガしてしまったら、ケガの専門家に相談することが大事ですので、是非ご相談ください<(_ _)>

 

(モチロン、固定は患者さんと相談のうえ行いますのでご安心を)

 

 

 

今回、患者さんから『試してガッテン』の放送を教えてもらいました 。

最近は良いか悪いかは別として、録画し忘れてもYouTubeなどですぐ見れちゃうので便利ですね!

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700