肩エコー1

こんばんは、たち接骨院の舘です。

 

先日の勉強会で報告した内容を少しずつブログにアップしてみようと思います。

 

内容は、肩関節のエコー検査を『肩関節脱臼』のことを中心にまとめたものです。

 

スクリーンショット (2)

 

 

エコーの画像の前に肩関節脱臼が反復性になるバイオメカニクスについてまとめました。

スクリーンショット (3)

 

 

まず肩関節脱臼では、バンカート損傷というものが起こります。

スクリーンショット (4)

これは、脱臼した時に肩関節の受け皿側の一部が欠けてしまうものです。

スクリーンショット (5)

 

この受け皿(肩甲骨の関節窩+関節唇)が欠けてしまうと、肩は不安定になるので脱臼は『はまればOK』ではなく、このバンカート損傷のことも考えて必要に応じて固定をする必要があります!

 

先日の勉強会では、こんな感じで発表しました。

 

 

 

ちょっとマニアックな内容かもしれませんが、今回はこの辺で・・・

 

 

また不定期にアップしたいと思います(^^)/

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、お気軽にご相談下さい。レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700