足首の骨折(骨端線損傷)

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

(症例報告)

足を捻り受傷。

直後から痛みが強く翌日に来院。

 

痛みは強いものの、歩くことは出来ました。

 

押さえた痛みは、『外くるぶし』のあたり。

 

歩くことはでき、腫れも少なかったものの、押さえた部分から骨折が疑わしいそう・・・

 

 

(エコー画像)

↓ 黄色で囲った部分の観察

 

 

健側(ケガをしていない方)と比べると、骨の不整が確認できます。

 

ギプスで固定し、翌日提携の整形外科に紹介し骨端線損傷(いわゆる骨折)の診断を受けました。

 

 

 

 

歩けるから骨折はないと思いがちですが、そんなことはない場合も結構あります。

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700