ブログ

太ももの筋挫傷(肉離れ)

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

症例報告

太ももの痛みを訴えて来院されました。

 

エコー観察をしてみると・・・

 

 

内転筋(長内転筋)部分が、腫れていました。

 

外観をみても分かりませんが、エコーは筋肉の観察もできるので、比較すると患部の状態がよく分かります。

 

 

 

患部の状態が、視覚的によく分かるのがエコーの強みです。

 

 

患者さんも納得されていました。

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

手の骨折③

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

息子の骨折の最終経過です。

 

無事、治りました!

 

 

 

(橈骨、背側面)

 

 

(尺骨、背側面)

 

キレイに治って、ホッとしました。

 

 

 

 

 

お兄ちゃんは待っている間、自己流の体幹トレーニングをしていました、(^^♪

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

手、舟状骨骨折②

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

(前回のつづき・・・)

 

 

前回、スノーボードで手をついてケガをされてしまった方の経過です。

 

舟状骨という骨は、独特な栄養血管の走行によって骨折した場合に血行が途絶えて骨癒合がしにくい場所といわれています。

場合によっては偽関節(骨が引っ付かない)なる場合があります。

 

 

『骨折はなかった』との診断を受けるも、症状の改善が乏しく、骨折の疑いが拭い去れなかったので再度病院へ紹介し、MRIで骨折が発見されました。

(※患者様より提供)

 

骨折の程度によっては、初期には骨折が分からず、途中経過で骨折が見つかるといったことは、病院研修時代にたくさん経験してきました。

 

 

 

今回の症例でも、当初は骨折はないとの診断はありましたが、症状の具合からしっかりと固定をしていたため、悪い結果にならず(骨が引っ付かない、等)現在のところ経過順調で、良かったです(^^)

 

 

 

 

接骨院での施術は必要に応じて、病院と連携しています。

 

その中で、病院に紹介したからといって経過を病院に、”丸投げ” するのではなく、接骨院でもしっかりと経過観察と施術を行うことが大事だと考えています。

 

 

 

 

 

・接骨院ではレントゲンなどの検査は出来ないため、病院で・・・

 

・接骨院では、ゆっくりと症状のことについて話しができるので、患者さんの不安に思う点などをカバーしながら患者さんの施術。

 

 

しっかりと、役割分担することが本当の意味での連携だと思います。

 

 

 

今回の方も、この役割分担でしっかりとサポートできたと思います。

 

 

 

 

 

これからも、接骨院としてできる【地域医療への貢献】をがんばっていきたいと思います(^^♪

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

 

 

 

 

手、舟状骨骨折

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

(症例報告)

スノーボードで転倒して手を着いた(何回も・・)

 

徐々に痛みが強くなってきた。

 

 

強い腫れはありませんでしたが、軽度の腫脹(腫れ)があり。

舟状骨部を中心に圧痛(押さえた痛み)著明

 

 

折れていると少し厄介な『舟状骨骨折』を疑いエコー観察。

 

 

(エコー観察)

 

エコーでは、皮下組織は明らかに腫れていましたが、

骨の不整は、”やや怪しいか?”といった感じでした。

 

 

舟状骨という骨は、形が平らではなく、しかも小さいためエコーだけでは正確な判断が出来ないため、レントゲンも必要と考え、提携の病院に紹介。

 

 

 

 

 

レントゲンの結果、骨折はなし。

安静目的で固定は継続。

痛みが続けば、再度病院に通院指導。

 

 

という事になりました。

 

 

 

エコーで全てが分かるわけではないので、必要な場合は適宜病院と連携しながら施術を行っています。

 

 

 

この方は、経過で固定管理やケガを早く治すためのLIPUS(低出力パルス超音波)等で施術を継続しました。

 

 

 

 

結果的には、ケガの施術中の圧痛(押さえた痛み)が改善されず、再度病院へ受診して頂いきMRIの結果、『舟状骨骨折』が発覚しました。

 

 

症状から疑って、固定をしていて良かった・・・という症例でした。

 

 

 

続きは、次回のブログで報告します。

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

手の骨折②

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

前回の続き・・・

 

息子がケガをして、この1週間は色々大変でした。

 

 

お風呂など妻は色々大変だったと思います・・・

 

 

 

仕事もしながら、子どもの面倒を見てくれて本当に頭が下がります<(_ _)>

 

 

先日は、ケガをして1週間たったので、ギプスを切ってエコーの確認をしました。

 

さすが、子どもの骨は治るのが早いです。

 

骨折をした場所に、”新しい骨” が出来てきていました。

 

 

 

ギプスを切るときには、ギプスカッターという電動ノコギリのようなものを使います。

音も電ノコそのもので、子どもには結構怖かったと思います。

 

 

先日息子のギプスカット中、終始笑っていて、泣くこともなくすんなり切らせてくれました。

 

 

ただ、家に帰って、ギプスカットの話しをすると、

『怖かった・・・、もうヤダ・・・』

 

と言っていました。

 

 

まだ2歳の子どもでも、”笑って強がる”ことが出来るんだなーと、親として微笑ましい気持ちになりました(^^♪

 

 

 

ギプスは、前回までは回旋予防のために、肘も動かないように固定していましたが、今回のギプスは短くしました。

(骨折部の状態を考え、回旋は予防できるギプスにしてあります)

 

 

初回の固定は上腕から巻いていました

↓↓

 

 

経過順調で、早く良くなりそうです。

 

 

とにかくホッとしています(´ω`)

 

 

 

 

ちなみに、

 

弟のギプスをしている最中、お兄ちゃんはキッズスペースでおとなしく待っていてくれていました。

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

手の骨折

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

実は、先日息子が家の中でベッドで手をついて骨折(コーレス骨折)をしてしましました。

 

 

外観を見た瞬間に、すぐに分かりました・・・

 

 

 

日曜日の夜で、すぐに接骨院に連れてきました。

 

(エコー観察)

背側面

 

掌側面

 

尺骨背側面

 

橈骨の背側、掌側の合成画像

 

 

 

やはり、折れてしまっていました。

 

我が子の骨折には、非常に動揺します・・・

 

 

 

 

その場で、すぐに整復(骨を戻す)して固定しました。

 

 

 

 

今回、一連のことで、一番かわいそうなのはモチロン息子でした。

 

ただ、一緒に遊んでいた時のケガで、親としてもとても心が痛かったです。

 

 

 

 

 

ケガをしたときは、本人と同じく周りも落ち込むので、トータルでサポートしないといけないことが今回の事でよく分かりました。

 

 

 

 

現在は経過順調で、親が心配になるくらい遊びまくってます

(´Д`)…

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にあるがたち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

肩の痛み(四十肩、五十肩・・・)

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

『膝に水が溜まる・・・』

なんてことは良く聞くと思いますが、他の関節でも水が溜まることがあるなんて知ってましたか??

 

 

(症例報告)

手をついて転倒。

直後より痛みあり・・・

 

 

肩峰下に圧痛、可動時痛、可動域制限あり。

腱板損傷(いわゆる肩のインナーマッスル)を評価するテスト法も陽性。

 

 

(エコー観察)

 

患側

 

 

健側

 

 

 

患側では、▽印で示した黒く映っている部分に水が溜まっていることが予想できます。

 

身体の関節は、膝だけではなく他の関節でも水が溜まることがあります。

 

エコーでは水のたまり具合も観察することが出来るので、急性期(痛みの強い時期)の判断のための参考にして施術を進めています!

 

 

水は抜かないとダメ・・・と思われるかもしれませんが、関節内の状態が改善すれば自然に吸収されていきます。

 

 

 

 

今回は、水は膝以外にも溜まることがあるという、豆知識でした(^^♪

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

オスグッド病(膝の痛み)

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

 

(症例報告)

サッカーで膝の痛みあり。

しゃがんだり、歩いても痛い。

徐々に痛みが強くなってきている。

 

 

脛骨粗面に圧痛、腫脹(腫れ)あり。

※ 脛骨粗面は、オスグッド病(膝のスポーツ傷害)で痛みが出る場所。

 

足が両方ともに、とても固い・・・

 

 

(外観)

 

 

 

(エコー観察)

 

 

患側(痛い方)

 

 

健側(痛くない方)

 

 

健側のエコー画像よりも、患側(痛い方)の画像のほうが骨が不整になっている感じが観察できます。

 

また、ドップラーという血管などの確認をする方法でも患側は血管侵入している様子が観察できます。

(色のついたエコー画像です)

 

 

 

この方の施術やスポーツへのサポートとしては、画像からも分かるように初期は患部の炎症症状を改善させるための処置。

そして、炎症に対する施術と並行して下肢のストレッチやオーダーメイドインソールなどで予防も行ないました。

 

 

以前にもブログで書きましたが、スポーツ傷害はセルフケアもかなり重要です!

セルフストレッチの方法もしっかりと指導しました!

 

 

 

昨年の症例ですが、しっかりとサッカーにも復帰できました(^^♪

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

足の骨折

こんばんは、たち接骨院の舘です。

 

いろいろと忙しく久ビザのブログになってしまいました。

 

また、がんばってブログしていきたいと思います・・・

 

 

(症例報告)

シーツにつまずいて足の指を捻った。

 

圧痛、腫脹(腫れ)、皮下出血(青アザ)が著明。

 

 

 

 

(外観)

 

 

 

(エコー観察)

 

エコー背側の比較

背側比較、図説あり

 

 

固定後、提携病院に紹介し骨折の診断を受け、引き続き固定継続していくこととなりました。

 

 

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700

オスグット(膝の痛み)

こんにちは、たち接骨院の舘です。

 

今回は、スポーツを頑張っている成長期によく遭遇するオスグッド・シュラッター病の症例報告をします。

 

 

(症例報告)

バレーボ―ルの練習中に痛み出現

 

膝のお皿の下に押さえて痛みがある典型的な症状がありました。

 

成長期の場合この部分には、骨端線という成長途中の軟骨部分がありその部分に大腿四頭筋という筋肉が付着します。

 

 

 

エコー観察

 

 

・患側(痛めている方)

 

 

・健側(痛めていない方)

 

 

▽で示す部分の不整が認められました。

 

 

症状が強く当初は固定をしていましたが、皮膚が弱く固定が継続できず。

 

 

骨が剥がれるリスクを説明。

 

 

 

 

 

 

3週間経過後

 

 

初検時より不整は悪化しましたが、疼痛は改善。

ストレッチやインソール、ケア方法の指導でスポーツ復帰でき、患者さんには喜んでいただけいました。

 

 

 

エコー画像で見ると酷い状態に見えますが、スポーツを一生懸命やっている場合はこのようなケースは多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像を見ながら患者さんと相談して治療メニューを決めた症例でした。

 

症状の経過を、患者さんに訴えや押さえた感覚だけでなくエコー観察を使うことで画像で客観的に判断できました。

画像での説明で、患者さんにはよく理解して頂けたと思います。

 

 

 

症状の経過をリアルタイムで観察できた症例でした。

 

 

 

 

尾張旭市,守山区,名東区の境目にある『たち接骨院』

外傷・ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲)、腰痛、肩こり、交通事故、労災、あらゆる痛みでお困りの方、パーソナルトレーニングに興味のある方、お気軽にご相談下さい。ハイボルテージ・立体動態波・超音波治療器・超音波観察装置(エコー)・レッドコードトレーニングも完備しています。

〒488-0823

尾張旭市庄南町3-2-6 エステート四軒家103

℡ 052-775-2700